wanichan's web tips

Expression Web ユーザー向けにサイト制作のコツと問題解決のヒントを取り上げていきます。

Webページはどこまで1ページ?

ホームページ作成初心者が最初に疑問に思う事柄、それは、Webページはどこまでが1ページなのか、ということです。

アナログ人間な人から見れば、ピンとこない部分がありますよね。

Webページは印刷物ではありません。印刷することを想定していないのです。Webサイト内のそれぞれのWebページは、最終的には「閲覧」がゴールであり、「印刷」ではないのです。

もし紙に印刷するのであれば、ある一定の大きさの紙に印刷しますよね? A4とか。紙の本でも、たくさんの紙で構成されていますし、1ページの範囲が決まっています。

f:id:wanichan:20180226163727p:plain

私は何冊か本を書きましたが、その時にはページ数と本のサイズが決められて、そのサイズに収まるように取捨選択が迫られるわけです。はみ出した部分は削らないといけないですし、逆に足りなければ膨らませなければいけないのです。

f:id:wanichan:20180226163644p:plain

一方、Webサイト(ホームページ)内の各Webページ(HTMLファイル)の面積はフレキシブルで自由に決めることができます。縦長にしようが、短くしようが、それは作成者の自由なのです。

つまり、Webページにおける1ページに対するサイズが定まっていないのです。

HTMLファイル1つが「1ページ」です。スクロールしてこれ以上進めないところまでの範囲が1ページです。

しかしながら、特殊な制御でもされていない限り、Webページを印刷することは可能です。ただ、ページによって何ページに渡って印刷されるかは謎なのです。

Webページは紙に印刷された文書とは次元が異なるということ、再認識しておきましょう。